So-net無料ブログ作成
検索選択
人気ドラマ ブログトップ

赤い糸の女 あらすじ 最終回 44話 [人気ドラマ]

赤い糸の女 あらすじ 最終回 44話

見ましたよね?”赤い糸の女”43話。最近、麟平の軽さがいい感じですね^^
いよいよ赤い糸の女も最終回、あらすじ早く知りたいですよね〜。
私のお気に入りの豊子はもうでてきそうにありません・・

ケアマネ鄭君の出番も、告白撃沈して帰国で終了でしょう。
ところが、もう一人最終回では、意外な人物が登場します。
ここに来て、登場人物とは一体だれなのか?早速いってみます。

赤い糸の女 あらすじ ネタバレ 44話
ケアマネ鄭君が芹亜の嫌がらせから唯美を救いだす際に大けがを
おってしまった芹亜の顔が大変なことになっていた!
もう既に半分原型が崩れてます。唯美の父に直してほしいと
助けを求めるのだが、ここである決断をするのだった。

それは、芹亜の顔を元のぶた志村に戻すというのだった。
焦る唯美だったが、父は意外な心中を打ちあけるのだった。
昔の顔に戻すという、その理由とは一体なんなのか?
それによって芹亜の顔に何が起こるというのだろうか。

前回なぜか海外を放浪していた体になっている栃彦が帰国。
唯美の横浜の実家を訪れてますが、すれ違い・・

上田に戻った栃彦が向かった先はやっぱり唯美のところだった。
やっと元さやに戻ってハッピーエンドでおわるか?
いいや”赤い糸の女”ですよ。こんなもんじゃ終わりません。
最後に意外な人物が登場します!

ある日、軌道家を訪れる唯美。そこには”麻衣子”と瓜二つの女性が
楽しそうに話す姿があった。いいや麻衣子は死んだはず。
言葉を失う唯美・・果たして本物なのか?
芹亜との赤い糸が切れるのかも見物です。

■赤い糸の女 最終回 予想■
無理矢理ハッピーエンドで終わりそうです。
問題は、死んだはずの麻衣子の存在です。まさか生きててサプライズ
とかはさすがに無いと思いますが。可能性としては

幼少期に別の家に出された「双子の妹が麻衣子にはいた」という設定か。
こうなると、麟平がどうするかが微妙になってきますね。
いつものお気楽節でさらっとかわして、そのまま結婚ですかね(笑)
これが本物の麻衣子だった場合って、今までの話は一体なんだったのか・・
すっみません、終わり方は予想できません。

赤い糸の女 あらすじ ネタバレ 最終回 44話でした。

次の昼ドラマもさらにドロドロっぽいですね。
でも、もう少し”赤い糸の女”見たかったなぁ〜
スペシャルやってほしいわ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

赤い糸の女 あらすじ 43話 最終回 [人気ドラマ]

赤い糸の女 あらすじ 43話 いよいよ最終回が迫ってます!

昨日の昼ドラマ”赤い糸の女”面白すぎてヤバかったですね。
43話もあらすじが、ますます気になりますね。
遥香はあっけなく死んじゃいました。
あの後、豊子はどうなっちゃったのでしょ?

赤い糸の女 あらすじ ネタバレ 43話
42話のオープニングではいきなり八ツ墓村のように
頭にロウソクをくっつけた豊子が、遙香と書いた呪いのわら人形に
五寸釘をこれでもか!ってくらい叩き込んでました。
あのシーンうけた〜。い〜感じです。
そして結婚式場に般若で乗り込みブスリとやってくれました。

しかし性懲りも無く今度は軌道家を乗っ取ろうと
芹亜は麟平と唯美を結婚させようとします。
展開速っ!時間無いですからね・・
軌道家の親族も名家を潰したくないために
これに逆らうことが出来ないというのだった。

いつの間にか忘れられる栃彦。どこいった?
ふらりと唯美の実家に現れます。一体何の目的なのか。
驚くのは今では、唯美は糸を染めることが出来るようになっていて
栃彦がいなくても工房が普通に回ってます(汗)

見るに見かねたケアマネ鄭君が、ついに告白。
韓国に一緒に行かないか?」と唯美を誘います。
新たな恋の展開に、果たして唯美はどうするのか?

世界の果てまでも、悪魔の芹亜ついてきそうですけど・・
何てったって赤い糸で結ばれてるって完全に勘違いしてます。
怖いですね。逃れるためには、死んでもらうしか方法はないのかも。
う〜んどうやって終わらせるのか?

最終回まで後2回!赤い糸の女 あらすじ 43話でした。

ドラマ・赤い糸の女見てると、尼崎殺人事件の、角田被告を思い出しますね。
決して自分では手を下さない。唯美なんか完全にコントロールされてます。
離れたいのに相手が話さないというパターン、怖すぎです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

赤い糸の女 あらすじ 42話 最終回 [人気ドラマ]

赤い糸の女 あらすじ 42話 最終回まで後わずか・・

ドラマ”赤い糸の女”がいよいよ面白くなってきました。
クライマックス間近!42話 あらすじ がどうなっているのでしょうか?
予告、公式サイトからチェックした情報です。

赤い糸の女 あらすじ 42話

芹亜の鬼畜ぶりが日々エスカレートしていますね〜。
そしてついに、豊子までもが切れそうですね(笑)
この人切れると怖いですからね。

東海テレビのお決まりのパターンです。
半強制的に小沢真珠に婚姻届けに判をつかされ徳須所長。
この二人の挙式がついにとりおこなわれます。

それを聞いた豊子は逆上。(既に41話で切れてましたね〜。)
唯美の旦那、栃彦の農地を取り上げるだけでなく
今度は私が愛した所長までも取り上げるとは、許さない!とばかりに
式場に般若の面をかぶって一人で乗り込み、遥香に包丁で襲いかかります。
果たして遥香の命はどうなるのか?その時、麟平は?

そんな折、栃彦がさってしまった後の唯美のところに、一本の電話が入る。
それはなんと生き埋めになって、あの日死んだはずの麻衣子だった!
あせる唯美。一体電話の主は本当に麻衣子なのでしょうか?

何となく栃彦が旅先で自殺しそうな予感です・・
ドンドン死んで行くんじゃないでしょうか。

そして最後は由美とケアマネ鄭君がくっつくパターンか?
まんざらでもなさそうだしね♪

以上、赤い糸の女 あらすじ 42話でした。

今回は芹亜の出番が少なそうでちょっと残念です。
そのぶん豊子が般若で盛り上げますよ(笑)
最終回まで後3話絶対見逃すなよ〜。果たしてどんな結末が待っているのか?
正直まったくわかりません。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
人気ドラマ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。