So-net無料ブログ作成
検索選択

赤い糸の女 あらすじ 42話 最終回 [人気ドラマ]

スポンサーリンク




赤い糸の女 あらすじ 42話 最終回まで後わずか・・

ドラマ”赤い糸の女”がいよいよ面白くなってきました。
クライマックス間近!42話 あらすじ がどうなっているのでしょうか?
予告、公式サイトからチェックした情報です。

赤い糸の女 あらすじ 42話

芹亜の鬼畜ぶりが日々エスカレートしていますね〜。
そしてついに、豊子までもが切れそうですね(笑)
この人切れると怖いですからね。

東海テレビのお決まりのパターンです。
半強制的に小沢真珠に婚姻届けに判をつかされ徳須所長。
この二人の挙式がついにとりおこなわれます。

それを聞いた豊子は逆上。(既に41話で切れてましたね〜。)
唯美の旦那、栃彦の農地を取り上げるだけでなく
今度は私が愛した所長までも取り上げるとは、許さない!とばかりに
式場に般若の面をかぶって一人で乗り込み、遥香に包丁で襲いかかります。
果たして遥香の命はどうなるのか?その時、麟平は?

そんな折、栃彦がさってしまった後の唯美のところに、一本の電話が入る。
それはなんと生き埋めになって、あの日死んだはずの麻衣子だった!
あせる唯美。一体電話の主は本当に麻衣子なのでしょうか?

何となく栃彦が旅先で自殺しそうな予感です・・
ドンドン死んで行くんじゃないでしょうか。

そして最後は由美とケアマネ鄭君がくっつくパターンか?
まんざらでもなさそうだしね♪

以上、赤い糸の女 あらすじ 42話でした。

今回は芹亜の出番が少なそうでちょっと残念です。
そのぶん豊子が般若で盛り上げますよ(笑)
最終回まで後3話絶対見逃すなよ〜。果たしてどんな結末が待っているのか?
正直まったくわかりません。



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。